40代のニキビ跡を解消する方法

33ed07bef8006e88592a0ecb0bb15ad1_s

ニキビ跡が消えにくいと考えられている、40代。

20代の頃に出来たニキビ跡が、そのままになっているという方も少なくないかもしれませんね。

そんな長年出来ているニキビ跡を治すためにはどうすれば良いのか?

40代のニキビ跡を薄くする方法や、ニキビ跡が出来る原因をご説明します。

40代のニキビ跡はなぜ出来てしまう?治りにくいのはなぜ?

40代になると治しにくいと言われているニキビ跡。

この原因は、“肌のターンオーバーの乱れ”や“肌の保湿力が弱まること”が原因と考えられています。

年齢と共に肌はダメージが蓄積され、ターンオーバーを正常に行うことが難しくなってきます。

その結果、ニキビ跡が肌に残ってしまい、気が付いた時には顔中ニキビ跡だらけなんてことに…。

 

また、保湿力が非常に弱まるのも40代の肌の特徴。

肌が乾燥している状態が続くと20代や30代の頃と同じケアを行っても効果があまり期待できません…。

40代には40代のニキビ跡ケアを行うことが、美肌を作るために欠かせなくなります。

40代のニキビ跡を薄くする方法とは?

ニキビ跡を薄くするためにはまず、“柔軟性のある丈夫な肌を作る”ことが、40代の肌にとって大切です。

肌を健康的な状態にすることで、ターンオーバーを正常にすることが出来ますよ。

これらの方法を行い、肌を丈夫に健やかにするようにケアを行いましょう。

規則正しい生活を心がけましょう

20代の頃は多少大丈夫であった暴飲暴食や睡眠不足も、40代になると非常に危険!

一度だけでも肌への負担がかかり、肌荒れを引き起こす可能性があります。

規則正しい生活を心がけ、肌へのストレスを極力避けるように心がけましょう。

スキンケアは潤いを優先する

肌に常に潤いが与えられていることで、肌は健康に、丈夫になっていきます。

スキンケアを行う際には、とことん潤いを優先させるように心がけましょう。

洗顔後は出来るだけ早く化粧水を使ってお肌に潤いを補給する事。

多少ベタツキが気になっても、保湿クリームなどを薄く塗るように心がけることが大切です。

また、眠る前にパックを行う事や、スプレータイプの化粧水を持ち歩き、こまめに潤いを与えることも効果的でしょう。

肌が一時も乾燥をしないように、ケアを行うように心がけて下さい。

ビタミンやコラーゲンをこまめに摂取する

年を重ねるごとに、体内のビタミンやコラーゲンは減少し、肌の弾力や潤いが失われていきます。

サプリメントなどでこまめに補給を行い、体内に一定のビタミンとコラーゲンがあるように調整をしましょう。

また、サプリメントの他にも、グミなどのお菓子や、栄養剤などの飲み物などでもお手軽に摂取することが可能です。

自分の好みの方法で、可能であれば毎日摂取をするように心がけましょう。

また、40代の肌を健康に導くためには、スキンケア商品の選び方が非常に大切。

ニキビ跡ケアにも特化している、リプロスキンもオススメです。

ニキビ跡ケアランキングも参考にして下さい。

nikibiatorank

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ