30代のニキビ跡を解消する方法

6eb8cd5210b89f7b89246bf68dfee10f_s

年代によって対処方法が異なるニキビ跡。

年齢によってニキビやニキビ跡が出来る原因は異なります。

年代に合った方法を行わないと、いつまでたっても肌が綺麗にならない可能性がありますよ!

今回は、30代のニキビ跡についていくつかお話していきます。

30代のニキビが出来る原因、ニキビ跡の出来る原因は?

「20代のうちはニキビが出来にくかったのに、30代になって急激に出来るようになった」

このような方は特に、“ホルモンバランスの乱れ”が原因となっている可能性が高いでしょう。

ホルモンバランスが乱れることで、皮脂が必要以上に分泌されてしまい、ニキビが出来やすい肌質になってしまうことがあるのです。

 

20代の頃に出来てしまうニキビに比べ、繰り返して出来てしまうのが30代ニキビの特徴。

一度治ってもまた違う所にニキビが出来てしまうなど、非常に面倒なニキビなのです。

誤ってこのニキビを潰してしまった場合、ニキビ跡が出来やすくなるのも30代の特徴。

このニキビ跡が出来る原因は、“ターンオーバーの乱れ”が一つの原因と考えられています。

 

20代の頃に比べると新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーが正常に行われなくなるため、ニキビ跡が残りやすくなってしまい、気が付いた時には顔中ニキビ跡だらけなんてことにも!

30代のニキビ跡を綺麗にする方法は?

繰り返し出来てしまうニキビに、消えにくいニキビ跡。

こうした厄介な30代のニキビ跡を解消する方法は、これらの方法があげられます。

ホルモンバランスの乱れを整える

ホルモンバランスの乱れを整えることで、まずはニキビが出来にくい肌質を作りましょう。

ホルモンバランスの乱れを整えるためには、規則正しい生活を送ることが大切です。

また、食事に豆乳や豆腐など、女性ホルモンの分泌を促す効果が高い食品を摂りいれるとより効果的。

男性ホルモンの過剰な分泌を防ぎ、皮脂の分泌を正常に戻していきますよ。

また、ストレスを上手く解消することもホルモンバランスの乱れを整えるためには大切です。

ストレスを溜めこみすぎてしまうと、ホルモンバランスが崩れやすくなり、肌荒れに繋がります。

紫外線を防ぐ

紫外線を肌に浴びすぎると、肌がダメージを受け、ニキビやニキビ跡が悪化しやすくなります。

紫外線のケアをこまめに行い、紫外線ダメージを極力防ぐようにすることが大切です。

紫外線対策には、顔用の日焼け止めを塗ることや、日傘をさすことが非常に効果的です。

少し外出をするというだけでも、出来るだけ紫外線対策を行うように心がけましょう。

特に、ついつい油断してしまいがちな曇りの日は、いつもより紫外線が出ているため要注意!

いつも以上に入念に紫外線対策を行うように心がけましょう。

 

また、ニキビやニキビ跡をケアするためには、ニキビケアに特化した商品を使うことも大切です。

どんな商品が良いのかよくわからない!という方は、年代に関係なく効果が高いと評判の、リプロスキンを試してみてはいかがでしょうか?

他にもニキビ跡に効くスキンケア商品は多くあり、オススメのものをランキングで紹介していますので、一度覗いて見て下さい。

nikibiatorank

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ