ニキビ跡対策は早めが肝心!治療中から跡の改善まで

aa87ee306ea09a4b71437f95b5a017b7_s

popopoさん 女性 30代 会社員 混合肌

ニキビ対策で大事なことと言えば? こう言ってしまっては元も子もないのですが、やはり一番大事なのはなるべくニキビ跡を残さないこと。

私は17~23歳までニキビがひどく、両頬全体が赤くはれ上がり、固くデコボコになるほどひどかったです。

朝・昼・晩と1日3回も洗顔し、皮膚科に通い、塗り薬(ダラシンローションでした)を塗り、腫れとゴツゴツした状態は治りましたが…。 やはりニキビ跡は残りました。

その後、試したこと・試そうと検討したことなどご紹介します。

①レーザー(クリアタッチレーザー)

これは検討した方法の一つですが、治療のため通っていた皮膚科で「レーザー治療もおこなっています!」というポスターが貼ってあり、病院のサイトでも一押しの治療法ということで宣伝されていましたが…。

だいぶ赤みが引いてきたころ、まだ全体的にニキビもあり、ニキビ跡もある状態でしたが、治療を終了するよう勧められました。

ニキビも残っているし、跡もあるので、レーザーは駄目なんですか?と先生に聞いてみたところ、ものすごく面倒くさそうに「えっ?やるの?」と聞かれ、「そんなのやるんだったらエステ行った方がいいよ。駅前にたくさんあるよ?」と言われました。

この時は本当に、顔文字の「ポカーン…。」という顔をしていたと思います。

どうも設備はあるけれど、客寄せ的な意味合いが強く、実際に治療に使ってるようではありませんでした…。 意外とレーザーやってます!という宣伝はしていても、あまり気乗りしない皮膚科は多いようです。

②ビタミンC誘導体、ピーリング石鹸

次に通った皮膚科で処方されたのが、ビタミンC誘導体の化粧水とピーリング石鹸。

ニキビの色素沈着予防とニキビ跡の改善ということで1年ほど使っていました。 ここは女性の先生ということもあり、なるべく後にならないよう、色素沈着しないような治療を行ってもらえたと思います。

ビタミンC誘導体の化粧水は院内処方。

テスクチャーは少しとろみのある化粧水でした。

ピーリング石鹸は、サンソリットの「スキンピールバー」。

色によって、グリコール酸の配合率が違う石鹸です。

ちなみに私の場合は赤。グリコール酸2.0%で、ティートゥリーオイルが配合されたものでした。

その他、状態によってビタミン錠剤、抗生物質など処方してもらい、やっとニキビの繰り返しが落ち着き、普通の肌に戻りました。

ちなみに、こちらの化粧水と石鹸は保険適用外なので、自費でした。

その時の状態によって、アドバイスや治療法を変えてくれたので、治りも良かったです。お医者さん選びは大事だなぁとつくづく思いました。

③ニキビケア用美容液

その後、引っ越しもあり、通院は終了しましたが、残った細かいニキビ跡改善のために今も続けているのが「ニキビケア用美容液」。

さすがにひどいニキビ跡はセルフケアはできませんが、軽いものなら美容液などでケアできるようです。(ひどいものは、お医者さんでレーザー治療がお勧めです。しっかり選べば、ちゃんとレーザー治療してくれるお医者さんはあります。)

ちなみに私のお勧めは「リルジュ リカバリィエッセンス」 小指に少量つけ、ちょんちょんと塗って擦り込んでいます。

保湿力も浸透力も申し分なく、細かいニキビ跡も改善しています。これはアンチエイジングケアにも有効とのことで、今後も長く使いたいと考えています。

ただし、お値段1本1万円以上!!

効果はそれに見合ったものだとは思いますが…宛て頃とは言えないので、なかなかたっぷりと使えないのが悩みです…。

nikibiatorank

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ