ニキビ跡に効く!ビタミンCの魅力!

8570bec1657f95129f72cc8b67940149_s

ニキビ跡には二種類のタイプがあります。ニキビ跡に色素が沈着してしまいシミのようになってしまった場合と、デコボコのクレーター状になってしまった場合があります。

シミのようになったニキビ跡は日焼けをするとよけい色素沈着がひどくなります。クレータータイプのニキビ跡は皮膚の奥の皮膚組織まで炎症が進んだ状態です。どちらもすごくショックですよね。

ニキビ跡とコラーゲンの関係

クレーター状態のニキビ跡を治すのにはコラーゲンがたくさん必要です。なぜかというと肌の土台である真皮細胞は70%がコラーゲンでできているからです。

新しいコラーゲンがどんどん作られれば、健康な真皮細胞ができて皮膚の表面まで正常になるのです。このコラーゲンが出来るときにはビタミンCが必要になります。

ビタミンCがコラーゲンの生成を促進しているからです。

ビタミンCが不足すると?

コラーゲンには絶対ビタミンCが必要です。

そのビタミンCが不足してしまうとコラーゲンがうまく生成できずに、ニキビ跡がきれいに治りません。また張りのある丈夫な肌を作ることも出来ません。

特にたばこを吸うとあっという間にビタミンCを消費してしまいます。

たばこは吸わないのが一番ですが、どうしても吸いたいという人は普段から十分にビタミンを取るようにしましょう。

ビタミンCをたくさんとるには?

緑黄色野菜や果物に豊富に含まれているのでたっぷりとるようにしましょう。

デリケートな成分なので熱を出来るだけ加えない調理方法がおすすめです。

例えば、ジュースにしたり、果物を皮をむかないでまるごとたべるのもグッドです。特に旬の時期の果物はビタミンCが豊富なので毎日食べましょう。

また、ビタミンCは水に溶けやすいという特徴があります。そのため、体内から排出されやすく、たとえ大量に摂ったとしても体内に蓄積されないのです。

不足しないように常に体内に補給しておかないとお肌にも届かなくなってしまいます。ぜひ、毎日こまめに取るようにしたいものです。

そのほかの方法は?

食事以外にお手軽にビタミンCをとる方法として、ビタミンC誘導体という化粧品があります。

とくにニキビのできやすい人、ニキビ跡に悩んでいる人におすすめです。高濃度のビタミンCがニキビを出来にくくしてくれます。またニキビの色素沈着を防いで、ニキビ跡をきれいに修復してくれます。

ジェルタイプ、クリームタイプ、ローションタイプなど様々な特徴を持った製品が発売されています。

ビタミンCの弱点を改良して、お肌にビタミンCを浸透させやすくなっています。

コラーゲンとビタミンCはお肌にとって切っても切れない関係にある事がよくわかりました。コラーゲンとビタミンCなるべく一緒にとるようにすると効率よくお肌が生成されるなと思います。

それと同時にビタミンCの偉大さに感涙ものです。

ビタミンCを積極的に取ってお肌美人になりましょう。

nikibiatorank

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ