ニキビ跡とは?ニキビ跡の種類と対処法

73297c4744fa01fd4c1b4fe7904c7e97_s

ニキビ跡とは、簡単に説明するならば皮膚に生じた炎症などが原因で発生した皮膚のシミのことです。

このニキビ跡の種類は主に三種類存在し、そのニキビ跡によってアフターケアの仕方も異なります。

 

まず、赤色の痣が残るタイプのニキビ跡です。

このニキビ跡はニキビによって引き起こされた炎症によって血管の一部が停滞、もしくは遅延することによって発生します。

この赤みを帯びたニキビ跡の対処方法は、再度の炎症を抑えつつ、皮膚の赤みを薄れさせることによって対処します。

この時、特に効果的な栄養素はビタミンCです。

ビタミンCは肌にとって有益な成分であるだけではなく、肌への浸透も容易なので、非常に効果がある栄養素となっております。

このビタミンCは経口摂取ではなく、直接肌から栄養素を与える必要があり、そのために有効だと思われる手法は、果物パックです。

また、ビタミンCだけではなく、その後の乳液や化粧水によるお肌のケアも忘れないようにしましょう。

ニキビ跡に効く!ビタミンCの魅力!

次に、紫色の痣が残るタイプのニキビ跡です。

このニキビ後は赤色の痣よりもひどく、その原因は血管の破裂によって染み出た血液が主な原因となっています。

このニキビ跡のケア方法も基本的には前出の物と変わらずビタミンCを使ってシミを薄れさせるという方法が有効でしょう。

 

ここまでは比較的ケアが楽なニキビ跡を紹介してきましたが、最後にご紹介するニキビ跡はもっともケアが難しいと言われています。

それは、肌自身に凹凸が発生してしまうニキビ跡です。

ニキビ跡の凸凹クレーターを治す方法

このようなニキビ跡は自宅で行うケアだけではケアしきれないでしょう。

何故ならば、今までは皮膚下で起こっている変化によって発生していたシミだったため、皮膚には大きな変化がありませんでした。

ですが、このニキビ跡は皮膚自体が変形しているため、まず、今発生しているにニキビ跡を物理的に処置する必要があります。

物理的に処置するということは、つまり、今変形している肌から最終的には新たに肌下で作られている新しい肌に置き換えるように働きかけるという事です。

ただ、すでに変形した肌の下で作られている肌も、現在のニキビ跡の影響を受けているため、完全に美しい肌を取り戻すという事は非常に難しいでしょう。

しかしながら、完全に取り戻すことは難しくても、ニキビ跡が目立たないようにするような処置は可能です。

ニキビ跡を目立たなくするスキンケアもあるので、ぜひ試してみて下さい。

特にアクレケアは、ニキビ跡の凹みを目立たないようにするための成分が沢山含まれています。

 

ニキビはその症状が初期であればあるほど、ケアが楽で、後に残るニキビ跡も少なくてすみます。

ニキビのアフターケアも大切ですが、まずはニキビが出ないような生活、あるいはニキビの初期症状の時点で治療を終わらせるような生活をこころがけて、あなたのかけがえのない大切な肌をニキビの手から守りましょう。

nikibiatorank

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ