ニキビ跡が痛い!痛むニキビ跡の治療法とは?

6e60429bf04f7a6aaf06913a9010c3c6_s

ニキビ跡の種類

ニキビ跡には5種類あります。

赤いニキビ跡

ニキビが炎症を起こして赤みが生じた場合です。腫れが落ち着いたけど赤みだけ残ってしまった。

茶色いニキビ跡

炎症をおこしたところの腫れが落ち着いたけど、茶色のシミが残ってしまった。茶色の色素はメラニンが大量に生成されているからです。

クレーター

強い炎症により真皮がダメージを受けた結果肌がくぼんでしまった。皮膚のコラーゲンが破壊されてしまっています。

しこり

強い症状によりニキビがあった部分がかたくもりあがってしまった。

ケロイド状

何度も進行したニキビの跡が固く盛り上がったケロイド状になって残ってしまった。ケロイド状のニキビ跡は痛みを伴うことがあります。

ケロイド状のニキビとは?

慢性的にずっとニキビが出来ている状態や、何度も同じところにニキビを作っているとニキビ跡が大きく硬くなって盛り上がってしまいます。

繊維芽細胞が皮膚の奥にある真皮を治そうとして細胞を作り過ぎるとケロイド状になって跡として残るのです。

特に顔の毛穴は小さいので毛穴が詰まりやすくダメージを受けやすいのです。

その結果毛穴がなくなってしまいます。このような状態がケロイド状態です。傷口ややけどなどの傷跡と一緒です。

ケロイド状ニキビの治療法

ケロイド状になってしまうとセルフケアでは限界があります。皮膚科や美容外科などを受診しましょう。

病院での治療法としては内服薬や軟膏もしくはステロイド剤が配合されているテープを貼る方法があります。

また患部に直接ステロイド注射を打つ治療法もあります。

そのほかにレーザー治療や、外科手術、圧迫療法などがあります。

レーザー治療は特殊な光を当てる治療法で、ケロイド治療には効果的です。

放射線治療というのもあります。ケロイドに放射線を数回から10回ぐらいあてる方法です。

どの治療もある程度時間と費用はかかりますので信頼できるお医者様にかかりましょう。

ニキビをひどくしない方法とは?

ニキビが出来たら清潔にして決して触らない事です。

そのほかつぶしたりはがしたり、膿を出したりするのも厳禁です。また食生活も重要な要素です。

たんぱく質やビタミンCを十分に摂りましょう。

たんぱく質は肉や魚、ビタミンCは緑黄色野菜や果物に含まれています。

バランスの良い食事をこころがけましょう。

また適度な運動も大切です。無理のない範囲で軽い運動をすると新陳代謝がよくなりお肌の新陳代謝もアップします。

良い睡眠もかかせません。ぐっすり眠ると寝ている間にお肌が再生されます。

寝る前に半身浴をすると快適な睡眠が得られます。

 

そしてひどいニキビ跡になるまえにニキビケア用品でスキンケアしましょう。

軽いうちならニキビケア用品で十分ニキビを治したり予防したりできます。

ネットの口コミサイトを見たり、試供品を使ってみたりして自分に合ったニキビケア用品を見つけましょう。きちんとお手入れすれば早く治ります。

ニキビには早めの治療が大事なことがわかりました。

スキンケアをこまめにしてニキビができてしまったら早く治しましょう。

nikibiatorank

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ