エステ系の仕事をしている友人に教えてもらったニキビ跡改善法

adaebacb295926543e3d1a7abf1dfa9e_s

CNOさん 女 30代 会社員 混合肌

女の子なら誰でも「綺麗になりたい!」という願望はあると思います。

生まれたてのつるつるすべすべ素肌が永遠に保てるのなら どんなに嬉しいことでしょう!

がしかし、思春期のまっただ中の大敵「ニキビ」はみんなが通った道ではないでしょうか。

 

小学校の高学年から中学校に入るころには大人になる準備ができてきます。

生理の始まりとともにお肌にもトラブルが出がち。 大人の生活とちがいお酒やタバコ等での反発でないので、やはりホルモンのバランスなのでしょうか?

 

私も中学くらいでニキビが一気に増え、真っ赤なほっぺがはずかしくてしかたなかった思い出があります。

もともとアレルギー性のアトピーも持ち合わせていたので顔だけじゃない他の部位にも湿疹が出て漢方で治療をしていました。

 

ニキビが出来ている時は、「つぶしたら跡になる」という情報があったにも関わらずついついつぶしてしまっていました。

皮膚が傷ついてクレーターのようになってしまい、悩みの種になってしまいました。

 

高校生くらいでお化粧を覚えてしまい、ニキビ跡をお化粧で「隠す」という事でさらに肌の呼吸ができなくなり悪化していたのかな?と今になって思います。

若いころの肌はきっと回復もできたと思うので、もし思春期にできてしまったニキビ跡があるならかくそうとせず、素のままでいることをおすすめします。

毛穴にたまった汚れが色素沈着の元にもなりかねないので、なるべくお化粧はせず、柔らかいあわ洗顔で汚れを落とし、しっかりと保湿をする!これに限りますね!

 

ニキビ跡のクレーターを元に戻す為のエステにも勧誘されて通ってみたものの、そこまで結果を感じることはできませんでした。

市販の色素沈着をふせぐ錠剤や塗り薬も試しましたが大きな効果は見られず。。。(やらなかったら今よりも跡がのこってたのかもしれませんが)

 

ニキビ跡に効くいろんな治療法を考えて探してみたのですが、どれもこれも実感がわかないものばかりで、いったい何が効くのだろうか?と悩んでいたときに、エステ系のお仕事をしている友人に教えてもらった「超泡洗顔方法」です。

 

「超泡洗顔方法」とはとにかくキメの細かい泡を作ってやさしくしっかり汚れを落とす洗顔方法です。

洗顔フォームの種類にはそれほどこだわらなくても良いようですが、ポイントは泡の作り方!(洗顔フォームの種類によっては単純に泡だけ出るしくみになってて良い泡ができないものもあるようです。彼女のおすすめは液状の洗顔料または粉状のものだそうです)

 

泡はでの平でゆっくりと10分かけて作ります。

自分の手が汚れていると泡もきれいにたたないので、しっかり手を綺麗にしてから泡立てましょう。

10分の泡立ての作業工程は最初の3分くらいで洗い泡で多めの量を泡立てます。

手のひらをこすり合わせて泡立てます。

だいたいの泡ができたらお椀のような手の中に泡を入れて、人差し指、中指、薬指の3本の指で手のお椀の壁に泡をぶつけるようなイメージで粗い泡を徐々にきめ細かくして行きます。

 

10分か経過するころにはマシュマロのような泡が出来ています。

その泡でゆっくり洗顔します。

洗ってみると分かりますが手と顔の間に泡の膜がしっかり貼られている感じかします!

 

この「超泡洗顔」のあとはしっかり保湿!化粧水は1回ではなく4~5回つけましょう。

1度着けて浸透したら2回目という具合です。

次の日の肌のみずみずしさが全く違います。

 

この「超泡洗顔方法」を繰り返していて、ニキビ跡もほうれい線もかなり改善されました!

まずはニキビ跡が残らないようにニキビができても触りすぎないことがベストなのですが、このような洗顔方法でかなり効果を感じることもできるのです!

ぜひお試し下さい♪

nikibiatorank

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ