アクレケアの口コミと効果を検証!ニキビ跡用美容液で諦めない美肌!

acracare

アクレケアでお肌がなめらかによみがえる!

せっかくニキビが治ったのにニキビ跡が残ってしまった。しかもクレータ―みたいにデコボコしている。なんてことになってしまったらショックですよね。

そんなときにはニキビ跡専用美容液のアクレケアが強い味方になってくれます。アクレケアの秘密を知ってお手入れ開始しましょう。

syousaidai

デコボコ肌の正体

デコボコ肌は、ニキビの炎症がひどく、肌の奥の真皮という細胞まで炎症が及んでしまい、肌が再生されなくなってしまった状態です。

ニキビは治っても肌の奥の炎症がなおっていないので肌に凹凸ができてしまっているのです。

すでに肌の再生機能は落ちてしまっているので自然治癒は難しくなります。

デコボコ肌を治すには

きちんとお手入れをすればデコボコ肌は治っていきます。

洗顔方法に気を付けてお肌を清潔に保つことが大事です。

肌をゴシゴシあらってはいけません。洗顔料を泡立ててぬるま湯でくるくると円を描くように洗いましょう。

洗顔が終わった後は清潔なタオルで押さえるように水分を拭き取ります。

保湿を十分にします。乾燥肌はニキビをできやすくし、肌を硬くします。乾燥した肌は自分の肌を守ろうとして、脂を出します。

この脂が毛穴をつまらせニキビをできやすくします。

タターンオーバー(肌の新陳代謝)を正常にします。正常な場合ターンオーバーは28日ぐらいです。

ターンオーバーを正常にしたり、保湿を十分にするにはニキビ跡専用用品を使うと効果的です。

アクレケアの成分

アクレケアは他にはない成分がいっぱい入っているニキビ跡専用美容液です。

月下草エキス

ヒアルロン酸の10倍の保水力があるので乾燥お肌も安心です。傷ついたデコボコお肌も乾燥から守ってくれます。

カムカムエキス

カムカムエキスはビタミンCがたっぷり。南米アマゾン原産のカムカムという果物からとれたエキスです。

なんとレモンの60倍ものビタミンCを含んでいるのでスーパーフルーツとよばれて世界一の果物です。

そのビタミンCが美肌つくりのお手伝いをします。

甘草

炎症を起こして赤くなってしまったお肌の炎症を抑えてくれます。

ニキビやニキビ跡にも効いてニキビが悪化しないよう防いでくれます。

卵殻膜

卵の成分には赤ちゃんのようなつるつるすべすべのお肌にしてくれる成分がはいっています。

ヒアルロン酸

お肌の潤いを保つ効果があります。

茶エキス

お肌にハリや弾力をあたえてくれます。

カモミラエキス

保湿、血行促進、引き締め、炎症をおさえて色素沈着を防いでくれる効果とまさに万能の活躍をしてくれます。

使った人の9割が満足していると回答しています。

syousaidai

アクレケアの口コミ

アクレケアにもっと早く出会いたかったです

さっちさん 女 30代 会社員 乾燥肌

アクレケアはいつも見ている美容ブログで紹介されていたのがきっかけで興味をもち、購入しました。

10代後半からずっとニキビに悩まされており、顔のあらゆるところにニキビがあり、凹んだ痕も残ってしまっていました。

早く気付けば良かったのですが、私の場合、洗顔の回数が多すぎて乾燥し、それにより乾燥ニキビが出来てしまうという状態でした。

ですが肌が汚いからニキビが出来るのだと勘違いし、余計に洗ってしまうという悪循環により結果的に肌がボコボコになってしまいました。

洗顔の回数を減らすことによりニキビが改善したのですが、その後のボコボコ肌をどうしようか悩んでいる時にアクレケアに出会いました。

美容液で改善するのだろうか…と始めは信じていなかったのですが、塗った瞬間に肌がもっちりとして柔かくなり驚きました。

毎日使用しているうちに、段々肌がフラットになってきた感じがし、炎症部分の赤みも引いてきたので、段々デコボコが目立たなくなってきたのが自分でもわかりました。

水分の保持がちゃんと出来るようになったからか、肌に透明感も出てきて、化粧のノリも良くなってきました。

美容液でここまで綺麗になれるなんて正直思ってもいませんでした。

ニキビ痕に凄く悩んで、人に顔を見せるのも嫌な時期があったので、もっと早くアクレケア出会っていれば良かったと思いました。

私のように人前に出れなくなるほど悩んでる方には、ぜひ使ってみて欲しいと思う美容液です。

アクレケアをつかった人の声

洗顔した後1.2滴手にとってお肌に垂らしてみました。 ジェルなのにすごくさらっとした感触です。だんだん使っているうちに乾燥肌が改善されていくのがわかりました。 1か月ぐらいたつとニキビが繰り返してできていたのがすこしづつ減ってきました。いい感じです。

syousaidai

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ