ニキビ跡を消すために効果のある治療方法!

ニキビ跡に効くニキビケアを選ぶときのポイントはターンオーバーにある

なるべく残したくないニキビ跡ですが、残念ながら跡が残ってしまったとしても、諦めるのはまだ早いです。

現在は、ニキビ跡専用のニキビケアアイテムが多く発売されており、自宅で手軽にニキビ跡ケアが行えるようになりました。

どのような事に気をつけて、どのような物を使えば良いのかを知り、効果的に健康な肌を目指しましょう!

肌のターンオーバーを正しく行うことがニキビ跡を消す為に最も効果がある!

ニキビ跡ケアを選ぶ時のポイントは、正常にターンオーバーを行う手助けが出来るものが良いと言えます。

ターンオーバーに必要な”保湿”を十分に手助けしてくれるニキビケアが、ニキビ跡には最適です。

 

当サイトでは、ニキビ跡の凸凹肌改善を目指す上で、効果的で手軽にできるニキビケアのみを紹介しています。

人気のニキビ跡ケアアイテムをランキング形式で紹介していますので、是非、購入の参考にしてみて下さい。

ニキビ跡に効くニキビケアランキング

pics3670ベルブラン
belleblanc

ニキビ跡を一掃してすっぴん美人に!

  • 厳選された美容成分を高濃度配合!肌の奥まで浸透
  • 美白効果が角層まで浸透してニキビ跡に働きかける
  • 肌の水分量を一定に保ち、プルプル肌をキープ!
  • ふっくら成分がニキビ跡の凸凹肌をしっかりとケア
  • モンドセレクション金賞受賞!
価格 返金保証
7,280円→4,228円(税込)  60日間返金保証

kutikomi

syousaidai

pics3669リプロスキン
kousikitop

ニキビ跡を改善して二度とニキビのできない健やかな肌へ!

  • 有効成分の届きにくいゴワゴワ肌を潤いのあるプルプル肌へと導く
  • 美容成分をナノサイズに凝縮!ぷるんぷるんの赤ちゃん肌を目指す
  • 今後の肌トラブルに悩まされない健康で強い肌へ
価格 返金保証
7,500円→4,242円(税別)  120日間全額返金保証

kutikomi

syousaidai

pics3666メルライン
 header_03

フェイスラインのニキビ跡にはメルライン!

  • 徹底保湿成分を高濃度配合!ツルツル美肌へ
  • 黒ずみをケアする成分を凝縮し、美白をサポート!
  • ハリ引き締め成分がニキビ跡をケア!赤ちゃん肌へと導く
  • 敏感肌でも安心の刺激ゼロ
価格 返金保証
7,000円→4,480円(税込)  180日間返金保証

kutikomi

syousaidai

pics2551アクレケア
acracare

諦める前に使ってほしい!ニキビ跡のデコボコ肌専用美容液!

  • 凹み肌ケアに最適な希少成分を配合!肌表面をなめらかに!
  • 肌を美しく見せる美白成分配合!透明感のある肌は凸凹が目立ちにくい
  • 今あるニキビの炎症も抑えて、同時にニキビ予防もできる
  • 赤ちゃん肌をつくる美容美肌成分をぎゅっと凝縮
価格 返金保証
 7,500円→4,500円(税込) なし

kutikomi

syousaidai

pics2552ノンエー
nona300250

ニキビを予防するために開発された石鹸!

  • 日本人の肌に合うように開発されたニキビ専用石鹸
  • うるおい天然成分をたっぷり配合!肌に優しい
  • テレビでも紹介され、注文が殺到して製造が追いつかない人気
価格 返金保証
 2,940円(税込)  10日以内全額返金保証

kutikomi

syousaidai

ニキビ跡に悩まないケアや予防策とは?

ニキビが治ってもさらなる悩み!

ようやくニキビが完治しても厄介な悩みがニキビ跡!二重肌トラブルと言えます。

ニキビ跡ができる原因は毛穴周辺の炎症や色素沈着などです。痛みや痒みこそありませんが、日が経つにつれて濃くなるニキビ跡はケアがなかなか追いつかない状況となるのです。

だからといってほうっておけないのがニキビ跡、どのようにしたら対策できるのでしょうか?

ニキビ跡対策①

原因となるニキビ自体を作りにくい状況にする事です。

ニキビには皮脂分泌の盛んな時期にできやすい「青春のシンボルニキビ」と大人になってから繰り返し同じ場所にできる「大人ニキビ」と言われるものがあります。

若いうちにできるニキビは過剰な皮脂が原因で生じるため洗顔を基本に過剰皮脂をコントロールする性質のあるケアを使いましょう。

中学生頃から高校生頃までがピークのニキビなのでその数年だけと心得て根気強いケアが大切です。

大人ニキビに関してはスキンケアを勘違いしている人が多いのです。

青春ニキビと同じようなケアをしていては失われがちな水分をさらに奪ってしまい肌の生まれ変わりターンオーバーを乱してしまいます。

ニキビはさらに悪化します。

加えて大人ニキビは代謝が乱れやすい年齢にできるため、綺麗な皮膚が生まれ変わる前にできるという悪循環を引き起こします。

大人ニキビには清潔にする事に加えて潤い補給も大切になります。

スキンケアの違いを踏まえてのケア選びが重要です。

まずは自分がどのニキビタイプなのかをはっきり把握することです。

ニキビ跡対策②

もうできてしまったニキビには関してはそれ以上悪化させない事が大切です。

またニキビ跡のケアを早めに行うことです。

特に繰り返し同じ場所にできやすい大人ニキビの方が濃い跡を残しやすいのです。

最近は大人ニキビに特化したスキンケアシリーズがたくさん発売されているので対策はとりやすいです。

ニキビ跡をひどくさせないケアとは?

ニキビ跡は刺激を受ける事によって濃くなったり、シミ化しやすくなったりします。

ではその刺激とはどんなものでしょうか。

これはまさしく肌の大敵である「紫外線」です!

紫外線といえばシミや日焼けの原因というイメージが強いのですが、どうやらニキビにも悪さをしてしまうようです。

これはほうっておけないです。

一年中の紫外線ケアが必要となるのです。

この場合、紫外線カット力はさほど強くなくても大丈夫です。

洗濯物を干す時や散歩であたる紫外線をカットするくらいのSPF30程度の日焼け止で十分なのです。

帽子や日傘などで予防する方法もあるので紫外線を十分にカットできればニキビ跡のリスクも少なくなります。

他にもニキビをつい潰してしまったり、強い力で摩擦を加えたりする事がニキビ跡を加速させます。スキンケアをつけるときも優しくなでるようにつけるのが良いです。

できてしまったニキビには優しく対応する事が重要です。

ニキビ跡に関して、ニキビケアと同時にアフターケアも念頭に置きたいものです。

 ニキビ跡ケアに効果的な有効成分

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンは元々体内にある成分で、肌細胞の間で水分や油分を溜めておく役割があり、肌に弾力やハリを与えるうえに、バリア効果もあります。

アラントインは肌の傷を早く治す効果があり、プラセンタはアミノ酸を多く含み、このアミノ酸はセラミドの生成を手助けをしてくれます。

この様な天然成分やビタミンC誘導体配合のニキビケアを選ぶ事で、ターンオーバーを正常化し、ニキビ跡の予防、治療を促すことになるのです。

ニキビ跡の種類別オススメケア方法

赤みをおびたポツポツとしたニキビ跡

hormonal acne treatments-22

これはニキビが出来たことにより毛細血管に傷がつき、うっ血している状態か肌の表面での炎症は治まって見えても、まだ肌の奥では炎症が続いている状態の時にこのような形の跡となります。

この状態の跡の場合は比較的跡が消えやすいといえます。

まだ治療の途中の段階なので、肌を回復させるのに一番必要な保湿とターンオーバー(肌の再生)をしっかりと行い諦めずに治療を続けることが大切です。

ビタミンC誘導体が入った化粧品を使うこともお勧めです。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCが効果的に肌に入るように加工されたものです。

ビタミンCには免疫を高める、コラーゲンの生成、抗酸化作用(老化防止)などの作用があり、どれも美肌につながりますが、そのままでは肌に吸収されにくく、水や熱にも弱いという性質で、その弱点を加工することでなくしたものが、ビタミンC誘導体なのです。

シミのように茶色っぽくなってしまったニキビ跡

このニキビ跡は、赤っぽいポツポツの跡の時に、紫外線を浴びることでメラニンが多く作られ、色素沈着してしまい茶色くなった、いわゆるシミです。

シミになってしまった跡を消すことは、とても難しく時間がかかります。

シミが肌のどの深さで色素沈着しているかで変わってきます。

浅い部分の場合はターンオーバーを繰り返すことにより徐々に薄くなっていくものもありますが、深い部分で出来ているシミは病院や美容クリニックでのレーザー治療などが効果的だと思います。

デコボコのクレーター状のニキビ跡

この跡は、肌の奥深くで細胞が傷つき再生できなくなって肌の表面にデコボコになって現れてしまうのです。

残念ながら、この状態のニキビも自宅で治す事は出来ません。

シミの跡と同様、病院やクリニックでの治療になりますが、ターンオーバーを正しく行うことで、肌の状態を健康にし、治療の手助けをすることは出来ます。

ニキビ跡ケアをする上で気をつけておきたいこと

折角、ニキビ跡ケアを入念に行っても、日焼けをしてしまっては台無しです。

日に焼けることで肌は炎症を起こし、ターンオーバーを早めてしまいます。

ターンオーバーが早まってしまうと、未熟な角質が外に出てくる為、乾燥などのトラブルの原因となります。

紫外線対策も適度に行いながら、ニキビ跡ケアをするように心がけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ